お祈りパンダは迷惑パンダ。・芸能・映画・音楽・エンターテインメント・趣味・スポーツ・経済・インターネットなどなど、興味をもったことや気になったニュースについての感想などを気ままに好きなように書き綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祈りパンダは迷惑パンダ。


お祈りパンダこと「Fujacks」ワームの作成にかかわったと見られる人物が中国で逮捕された。
新華社通信の報道として米McAfeeが2月21日、ブログで伝えた。
Fujacksは、感染したプログラムのアイコンを線香を持ったパンダの絵柄に変えるウイルス。
新華社によると、湖北省の公安当局が容疑者8人の逮捕を発表したと伝えているという。
この中には、Fujacksのほとんどの亜種にニックネームが組み込まれていた「WhBoy」と見られる25歳の人物も含まれるという。

お祈りパンダなるウイルスがあるとは初耳でした。
うーむ、ウイルス情報ってのは次々出てくるもんだな。
アイコンが線香を持ったパンダの絵柄とは・・・可愛いじゃないか。
が、可愛いとか言ってる場合じゃないのも確かだね。
ウイルスはウイルス!撃退すべし!


McAfeeの観測によると、アジアでは金銭目当てのマルチベクター攻撃が2006年下半期に急増し、2007年もその傾向が続いている。
その代表格であるFujacksや「HLLP.Philis」はファイルに感染するだけでなく、ダウンローダーが含まれていて頻繁に更新され、ネットワーク共有やUSBドライブなどセキュアでないメディアを通じて、実行可能ファイルと実行できないファイルの両方に感染する。

金銭目当てってのが、いかにもアジアらしい感じがするな。
しかし怖いウイルスだね。


感染すると、脆弱性が修正されていないアプリケーションを狙い、PEファイル感染、HTMLを使ったWebベースのエクスプロイトやメディアファイル経由で、信頼できるメディアファイルにまで悪意あるコードやハイパーリンク感染を拡大する。

とにかくウイルス対策はしておきましょう。
パソコン普及率が高まるとともに、ウイルスの数だって、感染数だって
増えてるんだからね。
自分のパソコンは大丈夫、なんて根拠のない自信は捨てた方がよろし。
たまにしか使わないパソコンだって、感染するときは感染します。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070213-00000028-zdn_ep-sci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。