新卒者の就職率は微妙に上向き・芸能・映画・音楽・エンターテインメント・趣味・スポーツ・経済・インターネットなどなど、興味をもったことや気になったニュースについての感想などを気ままに好きなように書き綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新卒者の就職率は微妙に上向き


2007年春に大学卒業を予定している53万2000人(06年12月月1日現在)のうち39万1000人が就職を希望しており、内定者は31万1000人で、就職内定率は前年を2.2ポイント上回る79.6%になったことが、15日までに厚生労働省と文部科学省のまとめで分かった。
また、高校新卒者の内定率は77.3%で、前年を4.5ポイント上回った。
会社を辞めても再就職は難しいという今。
新卒の学生達の就職内定率が上がっているというのは
喜ばしいことだと思います。
ただ、地域によって差があるとは思いますので、
喜んでばかりはいられませんが。
首都圏と地方では大きな差があるのでは。


大学の就職内定率を男女別にみると、男子は80.9%(前年同期比2.0ポイント増)、女子は78.2%(同2.7ポイント増)。
短期大学(女子学生のみ)は54.2%(同4.2ポイント増)、高等専門学校(男子学生のみ)は97.3%(同3.8ポイント増)、専修学校(専門課程)は68.7%(同9.0ポイント増)となった。

この数字だけをみると高専の学生の内定率が1番良いんですね。
伸び率では専修学校が1番。
やはり専門的な知識を少しでも身に付けている方が
即戦力として期待できるからかな。


また、高校新卒者の就職内定者数は前年同期より6.8%多い15万2000人で、就職内定率は77.3%(同4.5ポイント増)となった。
求人倍率は前年同期を0.13ポイント上回る0.68倍。
内定率を男女別にみると、男子は82.7%(同4.0ポイント増)、女子は70.7%(同5.1ポイント上増)だった。

卒業予定者のうち、就職を希望していない学生は全て進学なのでしょうか。
内定率も気になりますが、それよりも卒業後に進学も就職もする気のない、
またはどうするか決められない、そんな学生がどのくらい
いるのかも気になります。


(引用:ライブドアニュース
Copyright © 独身OLの言いたい放題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。