あなたは知ってる?本格焼酎と混和焼酎の違い。・芸能・映画・音楽・エンターテインメント・趣味・スポーツ・経済・インターネットなどなど、興味をもったことや気になったニュースについての感想などを気ままに好きなように書き綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは知ってる?本格焼酎と混和焼酎の違い。


焼酎。
一口でまとめてしまえば、まるで一種類のお酒のようですよね。
この焼酎を大きく分けると本格焼酎または乙類焼酎と甲類焼酎の2つです。
そしてさらに最近は甲乙混和焼酎なるものが市場に出回っているそうですよ。
お酒に詳しくない私は、甲・乙の2種類があり、それぞれ製法や原料が違うという事は知っていましたけど、その2つをブレンドした混和焼酎なんて存在は知りませんでした。

あなたのお家にある焼酎は本格焼酎ですか?
紛らわしい表示の商品もあるようなので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

本格焼酎の魅力は、原料の風味が生かされているところにあるという事です。
蒸留機の違いによるもので、単式蒸留機を使う本格焼酎には伝統の味があるんですね。

本格焼酎のせっかくの味わいと風味が、別の製法・原料で作られた蒸留酒と混ぜてしまうなんて、もったいないような気もします。

「焼酎」とひとくくりにしてしまわないで、どうせ飲むなら本格焼酎の芳香と風味を味わいたいものですね。
特にお湯割りや水割りで飲む場合には。
そう思うのは私だけではないのでは?

と、偉そうなことを言ってるけど、最初に書いたように本格焼酎と甲乙混和焼酎との違いを今まで知らなかったんですけどね・・・。

それでも今後焼酎を選ぶ時には、きちんとラベルを見て、本格焼酎を選びたいと思います!

さらにこんな酒器で飲めば、雰囲気もプラスされてお酒がさらに美味しくなりそう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。