F1 デビッド・クルサードが富士スピードウェイのコースを批判・芸能・映画・音楽・エンターテインメント・趣味・スポーツ・経済・インターネットなどなど、興味をもったことや気になったニュースについての感想などを気ままに好きなように書き綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1 デビッド・クルサードが富士スピードウェイのコースを批判


昨年は30年ぶりに日本開催となったF1。
しかし、観客からの苦情やトラブル続出。
それでも今年もまた富士スピードウェイでの開催が決定しているわけですが。
観客だけでなく、ドライバーとしても不満があるようですね。
F1で14年目のシーズンを迎えるレッドブルのデビッド・クルサードは、2つのサーキットの不満をもらしている。

『Independent(インディペンデント)』紙は、富士スピードウェイとモントリオール・サーキット(カナダ)を激しく非難するクルサードの言葉を掲載している。クルサードは、来月37歳になり、現役ドライバーの中では最年長のドライバーである。

カナダGPが開催されるサーキットの施設は最悪になりつつあると語るとクルサードは感じている。

「パドックには仮設トイレしかない。それに携帯トイレを使用したことがある人なら知っていると思うけど、かなり窮屈(きゅうくつ)な経験だよ」

一方で、日本にある新しい富士スピードウェイの施設は基準水準を満たしているものの、レイアウト自体がよくないとクルサードは不平を言う。

「本当にひどいコースだよ。頭のデカイ誰かがデザインしたに違いないね」


来年は富士開催はナシかな・・・。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080314-00000015-fliv-moto
Copyright © 独身OLの言いたい放題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。