FC2ブログ
孤独な生活が脳卒中による死亡の危険性を高くする・芸能・映画・音楽・エンターテインメント・趣味・スポーツ・経済・インターネットなどなど、興味をもったことや気になったニュースについての感想などを気ままに好きなように書き綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独な生活が脳卒中による死亡の危険性を高くする


独身の私にとっては気になる厚生労働省の調査結果が。
人の心と身体って、やっぱり繋がってるんですね。
「孤独な生活」って嫌な響き。
今のとこは無縁ですけど、もしかするといつかは・・・
一緒にいて安心できる家族や友人がいないなど、社会的な支えが少ない人は、脳卒中による死亡の危険性が高くなることが、厚生労働省研究班の大規模調査で分かった。研究班は「独居の高齢者も多く、孤立しないよう社会で支える仕組みが必要だ」と説明している。米心臓学会誌電子版に発表した。

研究班は93年から約10年間、茨城や高知など5県の40~69歳の男女約4万4000人を追跡。期間中に脳卒中で327人、心筋梗塞(こうそく)で191人が死亡した。調査開始時に周囲の支えに関するアンケートを実施。
▽一緒にいると心が落ち着き安心できる人はいるか
▽週1回以上話す友人は何人か
▽自分の行動や考えに賛成し支持してくれる人はいるか
▽秘密を打ち明けられる人はいるか
を尋ねて回答を点数化し、周囲の支えの程度別に4グループに分けた。

その結果、支えの最も少ないグループは最も多いグループより脳卒中による死亡が1.5倍に上った。男性は1.6倍、女性は1.3倍で、65歳以上の男性では周囲の支えが少ない人ほど脳卒中の発症も増えた。一方、心筋梗塞については関連はみられなかった。

研究班の磯博康・大阪大教授は「家族や友人が病気のストレスをやわらげたり、服薬や適切な食生活などを支えてくれることが病状改善につながっている可能性がある」と話している。


「病は気から」という言葉を連想させられた調査結果でした。
もちろんストレスだけが要因ではないようですが。

やはり人が生きていくうえで家族や友人は必要なものなのですね。
人は一人では生きていけない・・・。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080206-00000045-mai-soci
Copyright © 独身OLの言いたい放題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。