またまたコミックのドラマ化 今度はハチミツとクローバー・芸能・映画・音楽・エンターテインメント・趣味・スポーツ・経済・インターネットなどなど、興味をもったことや気になったニュースについての感想などを気ままに好きなように書き綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたコミックのドラマ化 今度はハチミツとクローバー


「ハチクロ」がドラマ化されるそうです。
キャストは成海璃子、生田斗真など。
アニメ化、映画化に続いて、フジテレビ系ドラマとして放送されるようです。
女優、成海璃子=なるみ・りこ=(15)が来年1月8日スタートのフジテレビ系ドラマ「ハチミツとクローバー」(火曜後9・0)に主演することが6日、分かった。原作は累計813万部の人気コミックで、美大生5人の青春ラブストーリー。相手役にはジャニーズJr.の生田斗真(23)が決定した。“天才子役”と言われた成海が、中学3年生ながら、大学生役に挑戦する。

成海が、平成17年7月期の日本テレビ系連続ドラマ「瑠璃の島」で主演デビューを果たしたのは、わずか12歳の時。整った顔立ち、大人びた表情と雰囲気が鮮烈な印象を振りまいた。

「ハチクロ」は、漫画誌「コーラス」で連載され、単行本全10巻が累計813万部を記録。主要キャラクターの5人全員が片思いという設定が人気となり、17、18年と同局の深夜枠でアニメ化され、昨年7月には蒼井優(22)の主演で映画が公開された。

成海は、新進芸術家として注目を浴びる油絵科の花本はぐみ役。田舎育ちで人見知り、恋愛には不慣れな性格。将来や自分の才能への不安など、芸術家志望の大学生の細やかな感情表現は、中学3年生の成海にとって、挑戦的な役だ。

「成海さんは、『はぐみ』というキャラクターの複雑な魅力を具現化できる稀有な女優さん」とフジの瀧山麻土香プロデューサー。また、成海の主演映画「神童」のポスターで、成海を初めて見たという原作者の羽海野チカさんは、「天才ピアノ少女の役ということでしたが、本当に天才に見える女の子だ、と思いました。キリッと立っている姿がとても印象的で、彼女に『はぐみ』をやっていただけてうれしい」と喜んでいる。

今月下旬のクランクインを前に、成海は「『ハチミツとクローバー』の漫画が昔から大好きで、今回、演じることができて本当にうれしい。世界観がある作品なので、その世界観がみなさまに伝わるよう頑張っていきたいです」とコメントを寄せた。


ところで、ハチミツとクローバーに限らず、マンガの実写化が多すぎない?
しかもジャニーズ勢の出番が多いような気がする。

以前なら人気のあるコミックは、まずはアニメ化。
というイメージがあったんだけど、最近はドラマや映画になることが
多いよね。

原作の人気にあやかるためなのか、
オリジナルストーリーを作れない脚本家が増えたのか、
それともドラマ化や映画化によって、原作の売上を伸ばそうという
出版社の目論見なのか、
はたまた所属タレントの活動の場を増やそうというジャニーズ事務所の
作戦なのか・・・。

どんな理由でもいいけど、正直飽きてきた。
原作ファンの方々で、そのドラマや映画のキャストや仕上がりに
納得してる人ってどのくらい居るんだろう。
それぞれの作品によってかなり納得度に差は出るだろうけど・・・。

引用:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/comic/98218/
Copyright © 独身OLの言いたい放題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。