FC2ブログ
「うざい」「いけ面」も登場、広辞苑10年ぶり改訂・芸能・映画・音楽・エンターテインメント・趣味・スポーツ・経済・インターネットなどなど、興味をもったことや気になったニュースについての感想などを気ままに好きなように書き綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うざい」「いけ面」も登場、広辞苑10年ぶり改訂


思わぬ言葉まで掲載されてるよね、広辞苑って。
他の国語辞典には絶対載ってないであろう言葉まで。
一度じっくり広辞苑を読むと面白いかも。
累計1100万部の売り上げ部数を誇る国語辞典「広辞苑」(岩波書店)が、10年ぶりの改訂(第6版)を行い、「メタボリック症候群」「うざい」「ブログ」など、世相を反映した新語が新たに加わることになった。
特に、情報通信や金融・経済、環境に関する言葉が大幅に増え、新語のうちカタカナ語は4割近くを占めた。初刷30万部で、来年1月に刊行される。

広辞苑の改訂は、1998年以来で、今世紀になって初めて。第5版に収録した23万項目に1万項目を加えて、総項目数は24万項目になった。

新たに収録された語には、「着メロ」「顔文字」「ワンセグ」などIT(情報技術)社会を色濃く反映したもののほか、「癒(いや)し系」「クレーマー」「ニート」「敵対的企業買収」「京都議定書」など、この10年の間に定着した言葉が目立つ。


改訂は10年ぶりなんだね。
もう少し最近にも改訂があったと思ってた。
世の中には色んな言葉があふれてて、とくにカタカナ語は難解だ。
なんでもかんでも横文字にすればカッコいいと思ってる人が多すぎじゃないか。
それと略しすぎ。
日本語がどんどんくずれていってる気がしてならない。
新語より、昔からある言葉をもっと大事にしてほしいと思うんだけどな。
ことわざや四字熟語を知らない若者が多すぎ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071023-00000013-yom-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。