今度は「赤福」消費期限偽装は食品業界では当たり前なのか?・芸能・映画・音楽・エンターテインメント・趣味・スポーツ・経済・インターネットなどなど、興味をもったことや気になったニュースについての感想などを気ままに好きなように書き綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は「赤福」消費期限偽装は食品業界では当たり前なのか?


次々を明るみにでる消費期限偽装問題。
今まで信じていた消費期限の標記を信じてはいけないのか。
では、なんのための期限標記なんだ。
老舗和菓子メーカー「赤福」(三重県伊勢市)の消費期限偽装問題で、営業禁止処分を受けた同社名古屋営業所(工場)は、配送に時間がかかる遠隔地や需要増加時期に絞って消費期限を先延ばしする「先付け」を行うなど、偽装が計画的だったことが21日、名古屋市健康福祉局の調査で分かった。同市はほかにも同様の不正がなかったか継続調査を進めている。

同局によると、名古屋営業所は名古屋市周辺や愛知県西部のほか、四日市市を含む三重県北部へ赤福餅の3個入りパックを配送している。04年6月の営業所設立当時から、「四日市方面は運送に時間がかかるので『先付け』を行う」と決め、消費期限を1日先延ばししたシールをあらかじめ張り付けて出荷していた。

また、製造日と消費期限を先延ばしした包装紙に替える「まき直し」の赤福餅を届けていた伊勢神宮のバス観光客分は、例年、伊勢市の本社工場が担当し、事前に注文を取って伊勢から直接届けていた。

しかし今年は遷宮関連のイベントが大規模になり、神宮への観光客が例年より増加した。本社側は「名古屋経由のバス乗客には名古屋営業所からまき直しの商品を」と指示したうえ、名古屋営業所がまき直しを実施。工場間の「連携」で偽装が行われていった。

一連の偽装について健康福祉局の聞き取り調査を受けた同社従業員はマニュアルの存在を否定。こうした手口は担当者の間で口頭で詳細に伝えられていったという。健康福祉局幹部は「品質管理と同じくらい偽装も綿密に調整されており、口頭だけでこうした行為が続いたという説明には疑問が残る」と話している。


少しくらい消費期限を延ばしたって、身体に害は無いと判断したのでしょう。
だから何のためらいもなく偽装していたのでは。
それとも何かあったらその時対処すれば良いという、楽観的思考からなのか。
一つの工場が偽装していたわけではなく、計画的に複数の工場が連携しての
偽装工作というのが残念でならない。
もちろん、一つの工場なら良いのかというと、それでも許されることでは
ないと思うが。
従業員のマニュアル的なものはあったのではないかな。
あくまで私的な憶測ですが。

他にも期限偽装や、ずさんな衛生管理体制化のもとに生産されている
食品があると思うと、何を信じて何を買えば良いのか分からなく
なってくる。
おそろしい時代だ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071022-00000007-mai-soci
Copyright © 独身OLの言いたい放題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。