FC2ブログ
体内時計の狂いが原因で眠れなくなる・芸能・映画・音楽・エンターテインメント・趣味・スポーツ・経済・インターネットなどなど、興味をもったことや気になったニュースについての感想などを気ままに好きなように書き綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体内時計の狂いが原因で眠れなくなる


朝陽を浴びて起床するのは体内時計を正常にするために良いことだと
聞いたことがあります。
逆に真夜中に光を浴びると体内時計が狂うということなんですね。
睡眠不足は美容の大敵ですよ。
真夜中に光を浴びると眠れなくなるのは、細胞に組み込まれている体内時計が光の刺激でバラバラになり、機能停止に陥るのが原因であることを理化学研究所などの研究チームが突き止めた。

この成果は、米科学誌「ネイチャー・セル・バイオロジー」(電子版)に22日掲載される。

体内時計は人間などの動物に生まれつき備わっている。体を作る細胞はいろいろな「時計遺伝子」を備えていて、心拍や体温などを約24時間周期で調節する。このバランスが崩れると、不眠症などになることもある。

理研の上田泰己チームリーダーらは、マウスの皮膚細胞を〈1〉網膜のように光を感じる〈2〉朝の活動モードに切り替える時計遺伝子が働くと、細胞自身が発光する――ように改造。そのうえで、改造細胞群に様々なタイミングで光を当てた。


本来眠るべき時間、真夜中に自然ではあり得ない光を浴びるんですから、
人の身体に良いこととは思えませんよね。
だけど、夜型の生活が身についてしまうと夜中だろうとなんだろうと
光の下に居るわけです。
体内時計は重要な役割を持っているわけですから、できるだけその時計を
狂わせない事が、体調を整えるのに必要ではないかと。
まずは、朝陽で起きてみませんか?

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071022-00000001-yom-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。