家庭用ゲームといえば、やはり任天堂か・芸能・映画・音楽・エンターテインメント・趣味・スポーツ・経済・インターネットなどなど、興味をもったことや気になったニュースについての感想などを気ままに好きなように書き綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭用ゲームといえば、やはり任天堂か


家庭用ゲーム・・・古くはファミコンから始まり、今ではWiiやDS。
進化を続けるゲームだけど、やっぱり任天堂がソニーやマイクロソフトを
リードし続けているようだ。
ゲーム雑誌出版会社エンターブレインが1日まとめた2007年度上半期(3月26日~9月23日)の国内家庭用ゲーム市場の推定規模(速報)は、前年同期比21・7%増の2927億円だった。

不況で物が売れないと言いつつも、ゲームの売上は増えてますか。
昔と違い大人も楽しめるゲームが増え、しかも今の大人達がファミコン世代
だったりするからね。
大人も子供も欲しがるモノだ。

据え置き型ゲーム機の販売台数は、任天堂の「Wii」が159万台を突破し、他の大手2社を圧倒した。

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション3」は約38万台、マイクロソフトの「Xbox360」は約8万台だった。


ダントツじゃないか。任天堂。
なんとなくだけど、PSは2が発売されたときのほうが3より話題に
なったような気もするな。
Wiiって、今までのゲームとは全く違う感じだし。
ちょっと怪我人が出たりもしたみたいだけど、売上に影響は無しか。

 携帯型でも、幅広い年齢層の支持を集める「ニンテンドーDS」(Lite含む)が約347万台と好調に推移。SCEの「プレイステーション・ポータブル(PSP)」シリーズ(約107万台)の3倍を超えた。

こちらもダントツ。
DSはなぁ。ソフトがイイもんなぁ。
普通のゲームだけじゃないから、ゲームをしない人でも買っちゃうだろうし。
あと、テレビCMが多い気がする。
CMを見て欲しくなる人は絶対いるはずだ。

今後のゲーム業界も任天堂先導でいくのは間違いない気がする。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071001-00000512-yom-bus_all
Copyright © 独身OLの言いたい放題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。