ドラえもんの最終話を勝手に漫画化・芸能・映画・音楽・エンターテインメント・趣味・スポーツ・経済・インターネットなどなど、興味をもったことや気になったニュースについての感想などを気ままに好きなように書き綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもんの最終話を勝手に漫画化


ドラえもんの最終話なんて、いらないのよ。
永久に続いて欲しいんだもん。
でもあるなら気になる最終話。
勝手に作って販売した人がいるんだって。
藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」の最終話を勝手につくって漫画化し、販売した男性(37)が、出版元の小学館(東京都千代田区)と著作権を持つ藤子プロに謝罪し、売上金の一部を支払っていたことが29日、分かった。

漫画化して、さらに販売までしちゃってたのね。
ドラえもんが好きだからなのか、営利目的か・・・。
たぶんファンなんだろうなぁ。

小学館などによると、「最終話」は20ページの冊子で、電池切れで動かなくなったドラえもんを、35年後にロボット工学の第一人者に成長したのび太が修理し、よみがえらせるというストーリー。
絵も本物にそっくりだった。
同様のストーリーは1998年ごろからネット上で出回っており、男性が「田嶋・T・安恵」の名で2005年秋ごろに漫画化。
一部約500円で書店に販売を委託し、昨年夏までに約1万3300部を販売したとみられている。


そんなストーリーが出回ってたのね。
あののび太がロボット工学の第一人者ってムリがあるような・・・。
だってあの成績ですよ?
でも、なんとなくドラえもんらしいストーリーっていう感じもしますよね。

それにしても20ページで500円って、高くない?
買った方々はニセモノだって分かって買ってるんだよね?
作者の名前が違うんだから。
それでもこれだけ売れてしまうドラえもんってば、やっぱスゴイわ。

かくいう私もドラえもんは大好きです!
でも声優さんが総入替えしてからは1度も見てませんが・・・。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000178-jij-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。